バリテイン 市販

サプリメントにまったく効果がないとういわけではなく、あまりにも効果を期待すぎる人が多すぎます。ヒアルロン酸注入を例に挙げ、サプリメントの位置付け、「健康食品」や「栄養機能食品」という名目などについてお伝えしていきます。

バリテイン 市販 》 サプリメントが効かない理由

サプリメントにまったく効果がないとういわけではなく、あまりにも効果を期待すぎる人が多すぎます。ヒアルロン酸注入を例に挙げ、サプリメントの位置付け、「健康食品」や「栄養機能食品」という名目などについてお伝えしていきます。

国立健康・栄養研究所によると、美容効果があると多くの女性に人気のヒアルロン酸注入は確かに効果はあると認められているそうです。国立・栄養研究所の検証では、美容効果が目的ではなく、ヒアルロン酸の関節内への投与についての検証ですが、グルコサミンと同じく「変形性膝関節症」に効果があることが実証されたそうです。

しかし、それはあくまでも直接体内へ投与したが場合で、サプリメントによる経口摂取では直接身体に作用することが確認されているわけではありません。経口摂取するヒアルロン酸やグルコサミンのサプリメントを提供する会社が、利用者の声として「このサプリを飲んで痛みが消えました!」、「サプリのおかげで楽に歩けるようになりました」など、多くの感謝の声を聞けますが、実際にその本人の声かどうかを確認することはできません。

未だ効果が実証されていない成分を、効果があるとして販売し、爆発的に売れた後に効果を解明できないと問題になることもままあります。そのサプリメントが本当に効くのかどうかは、きちんとした研究機関でしっかり調べて究明する必要があるでしょう。
サプリメントが登場した時期は、健康ブームもあって爆発的に売れていました。それが、過剰な効果を謳っていることから、「健康食品」というくくりをつけ、医薬品との差別化を図りました。これで、サプリメントの位置付けは、あくまでも「食品」であり、薬効が認められてはいないことを国が判断したということになります。

実際、サプリメントと医薬品の違いについては、その規格があるか?ないか?だけの違いなのです。製造するメーカー側がしっかりとした製造体制を敷き、安静して一定の基準を満たせる商品を提供できるかどうかが重要なのです。

「栄養機能食品」というくくりもありますが、サプリメントは12種類のビタミンと5種類のミネラルいずれかをある程度の量以上含んでいれば、届け出ることなく栄養機能食品と歌うことができます。
ヒアルロン酸とグルコサミンを例に挙げて紹介しましたが、ビタミン剤もたくさんの健康食品会社が開発、販売しています。ですが、その効果については疑問の声もあるのです。

サプリメント大国のアメリカでは、2013年にマルチビタミンサプリメントを含むほとんどのビタミン剤を調べたところ、「明白な効果があることは立証できなかった」としています。

ビタミンAやβカロテンなどの抗酸化作用は広く知られていますが、過剰に摂取するとアンチエイジングどころか、がんを促進する恐れがあることもあると分かったそうです。

ビタミン類は絶妙なバランスの上で成り立っている効果ですから、どれか一つだけを多く摂取してもダメなのです。そういう意味では、バリテインも3つの種類を同時に飲む子ことを私は個人的におすすめしています。